スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

第三銀行の支店長による横領事件

三重県松阪市にある第三銀行の男性支店長(47歳)が顧客の預金1275万円を着服していたことが2008年2月に判明しました。第三銀行は男性支店長を刑事告発しない方針を示しています。

第三銀行の男性支店長は、愛知県内の支店に勤務していた06年6月~07年10月の間、個人と法人の2顧客から入金を依頼で現金を預かった際、預かり証の変わりに自分の名刺に預かった日時と金額を記入して渡するなどの手口で、6回にわたり合計1275万円を横領、着服していました。

第三銀行の男性支店長は、「消費者金融の1000万円の借金と、住宅ローンの返済に充てた」と話しているとのことです。

 ~

コメント

スポンサーサイト第三銀行の支店長による横領事件へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。コメントから情報提供まで、幅広く受け付けています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。